『クレジットカードの申し込み』についての注意点について解説!

クレジットカードを申し込みする際、注意する点が存在します!

その注意点についてお話ししていきます!

正しい個人情報の記載

クレジットカードをお申し込みする際、色々な入力項目がありますが絶対に虚偽のない個人の情報を入力するようにしましょう。

 

自分の収入勤務先借金の有無などを隠して情報の入力をしてしまう。

 

これは絶対にNGです。

 

クレジットカード会社は信用情報機関にその人の個人情報を照会しているので、間違った入力をしてしまうと、審査の遅れや、最悪この人はお金の管理ができていない人と認識され貸し倒れをしてしまうリスクがあるな、、、などマイナスなイメージ抱かれてしまうことになり、クレジットカードを発行することが大変難しくなってしまいます。

 

なので、必ず正しい個人情報を入力するようにしましょう。

クレジットカード発行のための必要年収は?

クレジットカードを発行する際どれくらいの年収が必要なんだろう?って思う方がいらっしゃると思います。

結論

必要年収に関してはクレジットカード会社が審査するための一つの目安でしかないので、特にこれぐらい必要!と言うのはありません。

年収例

年収0円の人でもクレジットカードが作れます!

本人の年収0円でも作れる人の場合は、世帯年収を判断基準とする事があるからです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

逆に年収が500万円ある人でも、クレジットカード発行まで至らない可能性があります!

 

本人の年収500万あっても発行に至らない人の特徴としては、今までのクレジットカードヒストリー(利用履歴)が悪い(支払い遅延など)などの理由でクレジットカード発行まで至らない事があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クレジットカードを複数申し込む

クレジットカードを発行を検討する際、「この新規入会キャンペーンいいなぁ!」って思って様々な魅力的なキャンペーンをやっている複数のクレジットカード会社に申し込みしようとしていませんか?

それは絶対にNGです!

多重申し込みがNGな理由

クレジットカード会社に「貸し倒れのリスクがある」と判断されてしまい、審査に通る事が難しくなってくるからです!(現金を持っていないので一時的にクレジットカードで払って踏み倒すんじゃないかなど)

 

更に審査に落ちた場合、信用情報機関6ヶ月間は情報が保管されるので多重申し込みブラックとしてその期間はほぼ確実に審査に受かることはありません

 

なので本当に気に入ったクレジットカードだけを選んで申し込みするようにしましょう!!

まとめ

簡易的でありますが、正しい情報を入力することが大事で、金融事故を起こしたからクレジットカードが発行できないかも、、などと思って虚偽の入力をすることは、絶対にNGです。

 

確実にバレます。

 

自分が心配しても発行するかどうかはそのクレジットカード会社の審査基準でありますので正しい入力をし、ダメな場合は良好なクレヒスを作り、半年待ってまた挑戦してみましょう。

 

JCBオリジナルシリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました